top of page

林千勝先生の講演会、感動でした。

写真撮らなかったのはちょっぴり残念ですけど、写真撮ろうなんていう余裕がないほど、充実した講演会でした。


月曜日の午後6時t、という勤め人にとってはかなり無理のある時間帯にも関わらず、おいでいただいた聴衆は定員に近い100名程度。


先生の熱のこもった話しぶりへの反応もすこぶるよく、皆さんが、このたびの世界と日本の不条理に大きな関心を持って勉強されていることがひしひしと感じられました。



(会場の中野サンプラザ)


6時という時間に設定したのも、先生がとにかくたっぷり時間をとって話したい、という思いを反映したモノだったと思うのですが、用意した時間は二時間半。先生のパワポは四時間分。絶対に半分も終わらないだろう、と思っていたら、なんと予定の時間を30分超えたモノの、すべて話しきって終わりとなりました。


今回の演題は「グローバリズム勢力と世界の未来、日本の未来」というものでしたが、アメリカとグローバリズム勢力の歴史から説き起こして、日本の現在につながり、そして来るべき未来と私たち日本人にできることまで、大きな一直線でつながって、見事なものでした。


こういう講演は、不安を煽るだけ煽って、解決策は聴衆に丸投げ、というケースも多いと思うのですが、私たちがこれからできることを考えることができる、とても貴重な機会でした。


おいでいただいたみなさん、準備したスタッフのみなさん(僕も含めてみーーーーんなボランティアです)、そして何より素晴らしいお話をして下さった林千勝先生に大感謝です。


ありがとうございました。

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

鈴木宣弘講演会 日本の食を考える4/22(土)中野サンプラザ

3月24日の種子法廃止違憲訴訟の判決は、不当判決となりました。 2018年に種子法が廃止されてしまいました。 種子法は国の農業を守る大切な法律でした。 この種子法を廃止することは違憲である、との訴えが退けられました。 この訴訟に証人として証言もされている鈴木宣弘教授に 日本の食料事情の危機的な実態を深く掘り下げていただきます。 国民全員に深く関わる大事な問題ですので ぜひ奮ってご参加ください。 鈴

Kommentare


bottom of page